テラスハウスとはどのような物件?一戸建てとマンションの中間だった


テラスハウスとは長屋のこと

賃貸物件を検索していると、テラスハウスというタイプが見つかります。一見すると集合住宅に見えますが、テラスハウスは昔風にいえば長屋のことであって、壁同士を共有する一戸建てを横に連ねた形です。長屋と異なりテラスハウスがお洒落な雰囲気となっているのは、平屋ではなく2階建てまたは3階建てを横に連ねた形式となっているからです。戸建ての賃貸住宅よりも同じ間取りで安く、集合住宅とは異なり上下階の騒音を気にする必要がありません。

バルコニーや庭が付いていることが多い

テラスハウスには2階部分にバルコニーが付いていることが多く、1階部分には僅かながらも庭が備わっている傾向が強いです。一戸建てでは当たり前の光景であっても、集合住宅ではバルコニーと庭が両方ついていることはありません。どちらも生活を豊かにするために欲しいと考えているならば、テラスハウスという選択肢は賃貸物件探しでプライベートな時間を有意義に過ごしたい人に向いています。また、隣同士はある程度の付き合いが珍しくないので、希薄すぎない人間関係も楽しめます。

メゾネットタイプとも呼ばれることがある

テラスハウスがメゾネットタイプと呼ばれることがある理由は、平屋のテラスハウスよりも2階建てまたは3階建てのタイプが多いからです。メゾネットタイプは上下階を内部で繋げて1つの部屋としているので、マンションであっても最上階のみメゾネットタイプが存在します。一方、テラスハウスは本来戸建てを横に連ねたものだからこそ、厳密にはメゾネットタイプとは異なる長屋の一形態です。このため、テラスハウスを探す際に検索項目が見当たらなければ、メゾネットタイプを指定して検索すればテラスハウスを見つけやすくなります。

千歳の賃貸は、駅周辺を選べばショッピングモールや飲食店がたくさんあります。千歳には空港があるので、県外へ行くのも便利です。