ローコスト住宅のコツ!立てる前に知ってきたいこと


ハウスメーカーの選び方について

ローコストで住宅を建てる場合、一番大切なのはどのハウスメーカーに依頼するのかという点が挙げられます。理由は同程度の住宅を建てたとしても、ハウスメーカーによっては、総額で数百から数千万円違ってくると言われているからです。では具体的にどのようなハウスメーカーが良いのかというと、できるだけ仲介業者が入らないところに依頼したいです。仲介業者が多くなればそれだけ費用が増えていくのが一般的です。そこでめぼしいハウスメーカーを見つけたら、まずは建設はどの業者が行うのかを担当者に聞いてみましょう。もしも依頼したハウスメーカーが直接建築するというのであれば、ローコストにできる可能性が高いです。

他にもあるローコストにするポイント

どのハウスメーカーにするのかが決まったら、次に考えておきたいのは依頼する時期です。どのような職種でも繁忙期があり、そのタイミングで依頼すると割高になってしまいます。その反面、繁忙期をずらすだけでコストが一割、場合によっては二、三割ほどの抑えられる可能性があるのです。ではハウスメーカーの繁忙期ですが、基本的に住宅は二、三月ごろにもっとも売れると言われています。そのため前の年の十月あたりが建設ラッシュになりがちです。それを考えた場合、六月くらいを目処に依頼すると良いでしょう。加えて、事前にハウスメーカーに用意できる予算を明確にしてくのもポイントです。例えば予算が二千万から四千万と告げておくと、ほとんどのハウスメーカーは四千万ギリギリで見積もりをしてしまうのです。

2000万の家を購入する場合、2階以上の家屋だと、設備が寂しい場合があります。平屋建ての場合、1階部分のみしかないことから室内設備が充実するため、経済的かつ合理的です。