日々の移動手段は!?賃貸住宅の契約前に確認しておこう


公共交通機関を利用する

通勤や通学の手段として公共交通機関を利用する方法があります。電車やバスに乗ってしまえば、職場や学校までの最寄り駅までは自由に過ごすことが可能です。もちろん、始発駅から乗れない場合は、座れないことも考えておかなければなりません。公共交通機関を利用する場合、最寄り駅に近いほうが何かと便利です。朝の支度に時間を掛けやすい、徒歩で駅まで行けるなどのメリットがあります。また、疲れて帰ってきたときや悪天候の日などもあるので、駅から自宅までの移動距離が少ないほうがよいからです。

マイカーを使って移動する

通勤手段や日常の移動手段としてマイカーを活用する方法があります。特に、公共交通機関のアクセスが不便なところで暮らすためには、車なしの生活は考えられないでしょう。その場合、駐車場付き物件を選んでおくと、車まで移動する労力の軽減にも役立ちます。ただ、駐車場付き物件といってもいろいろなタイプが存在します。駐車場料金込みの物件がある一方、駐車場料金追加のところも少なくないからです。

また、物件に駐車場がない場合は近隣の駐車場を借りる方法がありますが、その際には物件と駐車場との距離も考えなければなりません。駐車場があまりにも遠すぎると、マイカーでの移動を不便に感じることもでてきます。

カーシェアリングを利用する

車を所有するためには、思った以上にお金が掛かるものです。駐車場料金以外にも、車検や保険、燃料費なども覚悟しておく必要があります。このような負担を少なくするために、カーシェアリングを利用するのも一案です。集合住宅のなかにはカーシェアリングを導入しているところもあるので、賃貸住宅情報収集時に確認するとよいでしょう。

北海道東部に位置する北見市は自然豊かな中核都市です。そんな北見の賃貸は2LDKで5万円~の物件がいっぱいです。じゃがいもの産地としても有名です。