住宅ローンを利用するときにどんな方法があるのか


ローンを利用する場合の主な方法

注文住宅を建てるうえで、現金一括で支払うという人はあまり見かけません。住宅ローンを使用する人が多いでしょう。とはいえ、ローンを組むときには様々な種類があるため、上手に選んで最適なローンを組むことが必要です。なお、頭金の相場とされているのは、ローンの2割程度が相場とされています。例えば3千万円のローンを契約しようと考えている場合、頭金が600万円程度となることが多いです。また、返済金の目安は年収の2割から2割5分程度が安心して支払うことのできる金額とされています。35年ローンの場合、年収400万円から500万円であれば注文住宅を建てることが可能といえるでしょう。ローンの組み方となるのは、土地代金と住まいの竣工を一括で住宅ローンで借りる方法、土地用と住宅用それぞれで住宅ローンを借りる方法、つなぎ融資で土地と建築費用、住宅ローンで住まいの代金を支払う方法の3つが多いです。

つなぎ融資という方法で借りる場合

土地代金は自分たちで出せるなら問題ありませんが、一般的に注文住宅では土地と住宅両方の代金を支払わなければなりません。つなぎ融資とは住宅ローン開始までに契約する別口の融資で、住宅ローンの承認を条件としているため、審査は比較的スムーズです。つなぎ融資は工事の進捗状況に合わせて契約額の支払いをするための融資で、比較的金利は高めとなっています。そのため、早めに返さなければなりません。土地・建物を一括で住宅ローンにすることで、ある程度返すめどをつけやすいと考える人も少なくないです。ただし支払いのスケジュールが厳しくなることもあるため、あらかじめ土地に関しては現金をためておいてから購入する人もいます。

都心には多くの商業施設があり郊外型モールも点在している、都会でありながら少し足を延ばすと自然がいっぱいな、福岡の注文住宅でのんびりと暮らすという人も多いです。