賃貸オフィスの契約をするときはデメリットだけでなくデメリットにも目を向けよう!


駅前や繁華街の物件はコストが高くなりやすいので注意

駅前や繁華街にある様々なビジネスに適した賃貸オフィスは、立地だけでなく設備や室内のレイアウトにこだわっているところが多く見られます。一方で、こうした一等地の物件を長期にわたり契約する場合には、賃料だけでなく管理費や手数料の負担も大きくなりやすいため、慎重にシミュレーションを行ったうえで契約を結ぶことが大切です。最近では、賃貸オフィスの契約期間とおおよその賃料の関係について、法人顧客のために詳しくウェブサイトやカタログなどに掲載している管理会社も少なくありません。そこで、予算の範囲内で賢く賃貸オフィスを利用するにあたり、早いうちから顧客対応が良い管理会社とコンタクトを取るのが有効です。

スペースが広い物件は引っ越ししやすさにも注目しよう

オフィス内のワークスペースが広い物件は、大人数の社員がいる法人を中心にニーズが高まっていますが、オフィスの引っ越しをする際に予想以上に時間が掛かってしまうケースも少なくありません。そこで、引っ越しの手間が掛からないようにするには、管理会社を選ぶ時に引っ越しまでトータルサポートをお願いできるところを探したり、エレベーターや搬入口などが広い物件を見つけたりするのがポイントです。多くの法人から支持されている管理会社の中には、近隣で事業展開をしている法人向けの引っ越し業者を手配してくれるところもあります。その他、引っ越しの費用を少しでも節約するには、年度末などの繁忙期をなるべく避けるように心がけることが重要です。

家賃相場が比較的高額な港区で賃貸事務所を安く借りたい人は、オフィスを長期契約せずにレンタルオフィスを必要な時だけ借りるという方法があります。